アジア経営学会

会員著作紹介

■アジア経営学会会員の著作物を紹介します
 Amazonにリンクをしています。詳細情報についてはそちらでご確認ください

■本ホームページで紹介をご希望の方は下記のメールアドレスにお問い合わせください
 ホームページ編集委員会会員著作紹介担当メールアドレス
 jsaam.book(at)gmail.com
       (at)を@に変更してください

<著作リスト:2015年度~>

著者名 タイトル 出版社名 出版年月 Amazonに
リンク
安 熙卓 労使関係の日韓比較 文真堂 2020/3
佐伯靖雄(立命館大学)・畠山俊宏(摂南大学)・東正志(京都文教大学) 中国地方の自動車産業 ―人口減少社会におけるグローバル企業と地域経済の共生を図る― 晃洋書房 2019/8
秋野晶二・關智一・坂本義和・山中伸彦・井口知栄・荒井将志(編著) 『グローバル化とイノベーションの経営学 開かれた市場と企業組織による調整』 税務経理協会 2018/10
那須野公人 『グローバル経営論:アジア企業のリープフロッグ的発展』 学文社 2018/10
大西勝明・小阪隆秀・田村八十一(編著) 『現代の産業・企業と地域経済―持続可能な発展の追究』 晃洋書房 2018/5
江崎康弘 『日本のインフラ輸出の現在(いま)を読み解く』 文眞堂 2018/3
齋藤雅通・佐久間英俊 『グローバル競争と流通・マーケティング:流通の変容と新戦略の展開』 ミネルヴァ書房 2018/1
關智一 『イノベーションと内部非効率性: 技術変化と企業行動の理論』 白桃書房 2017/11
中川涼司・高久保豊
(編著)
『現代アジアの企業経営:多様化するビジネスモデルの実態』 ミネルヴァ書房 2017/9
吉村典久・田中一弘・伊藤博之・稲葉祐之(著) 『企業統治』 中央経済社 2017/6
林倬史・古井仁(編著) 『多国籍企業とグローバルビジネス(改訂版)』 税務経理協会 2017/3
夏目啓二・陸云江(著) 『現代中国のICT多国籍企業』 文眞堂 2017/3
夏目啓二(編著) 『21世紀ICT企業の経営戦略: 変貌する世界の大企業体制』 文眞堂 2017/3
林倬史(著) 『新興国市場の特質と新たなBOP戦略:開発経営学を目指して』 文眞堂 2016/10
関口倫紀・竹内規彦・井口知栄(編著) 『国際人的資源管理』 中央経済社 2016/6
松野周治・今田治・林松国(編著) [陳晋] 『東アジアの地域経済発展と中小企業』 晃洋書房 2016/4
Birt Lambregts, Niels Beerepoot and Robert C. Kloosterman (eds) [Chie Iguchi] The Local Impact of Globalization in South and Southeast Asia: Offshore business processes in services industries Routledge 2015/9

 

<著作リスト:2010年度~2014年度>

著者名 タイトル 出版社名 出版年月 Amazonに
リンク
郭洋春・角田収 『中国市場と日中台ビジネスアライアンス』 文眞堂 2014/11
陳晋(著) 『アジア経営論:ダイナミックな市場環境と企業戦略』 ミネルヴァ書房 2014/9
笠原民子 『日本企業のグローバル人的資源管理』 白桃書房 2014/3
Cleas Alvstam, Harald Dolles, and Patrik Ström (eds) [Chie Iguchi] [Takabumi Hayashi] Asian Inward and Outward FDI: New Challenges in the Global Economy Palgrave Macmillan 2014/3
植木英雄(編)[植木真理子] 『経営を革新する ナレッジ・マネジメント―ケースに学ぶ実践知の協創』 中央経済社 2013/12
陳晋・守政毅(編著) 『中国市場ビジネス戦略』 信山社 2012/10
郭洋春・關智一・立教大学経済学部(編著) 『グローバリゼーションと東アジア資本主義』 日本経済評論者 2012/9
岩本敏裕 『日本企業の技術革新と競争優位―家庭用録画・再生機器産業の分析―』 文理閣 2012/2
植木英雄・植木真理子・齋藤雄志・宮下清(著) 『知を創造する経営―日米主要企業の実態の解明』 文眞堂 2011/11
郭洋春 『現代アジア経済論』 法律文化社 2011/10